足を細く長く見せるファッション

足を細く長く見せるファッション

 

ダイエット頑張っているんだけど、なかなか痩せないのが下半身、脚ですよね。
ここでは服のチョイスや着こなし方で足を細く長く見せる方法をいくつか紹介します。
参考にしてみてください。

 

上明るめ、下暗め

 

太い足を目立たせたくないと思うのなら、上半身を明るい色や派手な暖色系、パンツを黒紺を中心とした寒色系にします。
これは当然、上を大きく、下を小さく(細く)見せるためですね。
逆をやってしまうと太く見えるのでご注意ください。

 

パンツをあえてロールアップする

 

これは隠した方がいいのでは?と思う方も多いかもしれませんが、逆です。
足首は足全体でも最も細いところですよね。
しかもくるぶしが出ていて、骨ばった感じがします。
ここだけを露出することによって、足全体が細いように錯覚します。

 

パンツの裾にスリットを入れる

 

スリット入りのパンツは、足を長く見せます。
モデルさんも時々履いていますよね。
色は定番の黒や紺がいいですが、春先にはベージュ系などもおしゃれで抵抗ありません。

 

縦ストライプのパンツ

 

これはご存知の方も多いでしょうが、縦ストライプ柄は目の錯覚で細く見えます。上着も同じです。

 

上着の丈を短くする

 

上着が長いとどうしても足が短く見えちゃいます。
竹を短くして、ウェストラインをあげる事で足長効果があります。

 

ブーツカットを履きこなす

 

ブーツカットは、太ももはフィットしていて、下に向かって広いので、実際より細く長く見えます。

 

バギーパンツを活用する

 

スキニーパンツやジーンズは、脚が細い人にはもちろんいいんですが、太めの方は逆にバギーパンツがいいです。
その際、センタープレス(折り目)がはっきりしているとなおGOOD!

 

ショートパンツでもひと工夫

 

思い切ってショートパンツをはきます。
このとき、トレンカを使う事。
足首だけ出して、あとの部分を隠すことで、全体のイメージを細く見せます。

 

スカート丈にも注意

 

スカートは膝が隠れる長さがベストといいますが、厳密には、ひざ小僧と、ふくらはぎの一番太い部分とのちょうど真ん中がベストです。
ふくらはぎの太さを消すからです。
形状はフレアスカートがいいですね。

 

ロングスカートで隠す

 

思い切ってロングスカートをはいてみるのもありです。
その際、裾にスリットが入ったスカートはより細く見えます。

 

靴と靴下を同色に

 

靴と靴下を同色にすると足長効果があります。
付け加えますが、ペタン子靴より基本ヒールは高くするのがいいですね。
靴は足の甲を露出し、足の甲が広く見えるのがいいです。

 

ブーツはミドルは×、ロングで

 

アングルブーツは足首を強調するので細くみせる効果ありです。

 

アクセサリーでカバー

 

ストールや上半身のアクセを派手目に目立たせて足から目をそらすという作戦もありますね。

 

 

いずれも皆さん、足痩せトライの途中ですよね。

 

最終的には思いっきり素足を出せるよう頑張りましょう♪