ふくらはぎセルライト 予防と対策

ふくらはぎセルライトの予防と対策って?

 

にっくきセルライトの原因は?

 

セルライトは、下半身、主にお尻太ももにできるデコボコのことです。

 

セルライトは、多くが肥満気味の方に起こる症状で、余分な脂肪や老廃物たまってかたまったものです。

 

原因としては、食生活や冷えやむくみ、ホルモンバランスの乱れ、運動不足、代謝の低下、その他ストレスや不規則な生活でも起こります。

 

なかでも一番関与しているのが食生活。
脂っこいものや高カロリーのもの、スナック菓子や塩分の多いものを取ると当然余分な脂肪や水分が身体にたまりやすくなり、肥満とともにむくみや代謝の悪化を招き、結果セルライトを増やしてしまいます。

 

セルライトの多い方は、まず食生活から見直してみましょう。

 

上にも書いたように、セルライトは主にお尻や太ももにボコボコとできるのが特徴的ですが、以外にもふくらはぎにもできやすいんです。

 

ふくらはぎは、お尻や太ももに比べて心臓から遠いため、血液を送り返しにくい部位でもあります。

 

そのため、真っ先に冷えがおこりやすく、いわゆる「血行障害」によっておこります。

 

 

セルライトをなくす〜つぶしてしまう!

 

セルライトをなくすには、外からの力、マッサージなどでつぶしてしまう方法があります。

 

「つぶす」といえば言葉が乱暴になってしまいますし、強い力をかけると内出血などを起こして、あざになって残ったりしますので、あくまで「優しくマッサージ」してじんわりと押しつぶしていく感じです。

 

やり方は、「下から上へ」が鉄則です。

 

そして、セルライトの箇所がふくらはぎであっても、足裏から行ってください。

 

指を何本か使って、下から上へまんべんなくマッサージで押し上げる感じです。

 

入浴中とか、入浴直後とかの血行がいい時間帯におこなうのがいいですね。

 

 

運動で予防・改善する

 

セルライトは血行の悪さで起こります。
したがって、アスリートの太ももにできているなんてことはまずありません。

 

予防も改善も、運動によっておこないます。
無理のないよう、ウォーキングから初めて、できる方はジョギングするといいと思います。

 

両方とも有酸素運動ですので、ダイエット効果や心肺機能向上にもなります。

 

また、ストレッチが意外に有効です。
ストレッチは色々ありますが、足の上部、下部、そして表裏をまんべんなく伸ばすのがベストです。

 

ストレッチも継続して行っていると、筋肉を柔らかくして代謝をあげてくれます。

 

 

予防が大事

 

セルライトは簡単にできますが、取るには一苦労ですし、目立たなくすることはできても、完全になくすことは至難の業です。

 

やはり普段からの食生活や運動、そして体を冷やさない、マッサージをする、といった予防策が必要ですね